されどツナ缶!

アメリカで販売されているツナ缶は種類がとっても豊富!

オイル煮、水煮、オイーブオイル煮が定番です。

マグロの種類は白マグロ、ビンチョウマグロ、キハダマグロなど。

そして中のツナの状態は細かくほぐされているChunkタイプ、かたまりになっている

Solidタイプなどがあります。

ツナ缶メーカーの半数以上は缶にこのマークの記載が。

ドルフィンセーフ。

これは“イルカに安全な漁の方法をしています”という意味らしいです。

マグロ漁の網にイルカが引っかかると、肺呼吸のイルカは窒息死してしまうそうなんです。

アメリカ人の知人もドルフィンセーフを選んで買っていると言っていました。

無益な殺生になってしまいますからね。

ツナ缶の種類が多いといろいろ試してみたくなるもので、私が最終的に行き着いたツナ缶はこれ!!

Wild Planetのツナ缶です~!

ドルフィンセーフのマークはもちろんのこと、ウミガメのマークも!

(ドルフィンと同じで“ウミガメにも安全な漁をしています”という意味だそうです。)

そしてLong Linesに斜線が入ったマーク。

Long Linesは日本語で言う、はえなわ漁の事です。

はえなわ漁ではなく一本釣りをすることで、傷のない鮮度も味もいいマグロを提供できるそうです。

そして水やオイルではなくオメガ3に漬けられているんです。

だから捨てずに料理に使用することを勧めています。

これだけではありません!

人体への悪影響を指摘されているBPAを容器に使用していません。

何よりも美味しいので好きです!

お土産にいかがですか~!?

ツナ缶一つをとっても奥が深いですよね~。

コメントは受け付けていません。